白漢しろ彩の脂漏性皮膚炎への効果

白漢しろ彩は、脂漏性皮膚炎によるお肌の赤みに効果があるのでしょうか?

 

白漢しろ彩 脂漏性皮膚炎 効果

 

赤ら顔の原因として皮膚の薄さからの血管が透けて赤みが出てくる先天性の原因と皮膚の炎症による赤みという大きく2つの原因があります。

 

皮膚が薄くて血管が透けることで、冬場など寒いところから屋内の温かい場所に入ったことで急激な温度変化による血流の変化が起こり赤ら顔になるのにも、白漢しろ肌は、配合されている海洋性エキスが働きかけて赤みを改善してくれます。

 

一方で、皮膚の炎症などで引き起こされるお肌の赤みでの赤ら顔には、白漢しろ彩は効果あるのでしょうか?

 

こういった炎症による赤みの多くは、脂漏性皮膚炎によるものが多いとされています。

 

皮脂が分泌されやすい鼻や頬、おでこなどが皮脂分泌の過剰により、炎症を起こし、カサカサになったり肌荒れを引き起こすのですが、これにも白漢しろ彩は良い!と効果を実感している方が、口コミをみると大勢いらっしゃいます。

 

 

抗炎症作用のある甘草(カンゾウ)や皮膚炎、ニキビなどにも漢方で処方される茯苓(ブクリョウ)などが配合されているからなんですが、それに加えて保湿力の高さで、お肌のバリア機能が高まり、赤ら顔の改善につながるわけですね。